女性の加齢と髪の毛の変化

年配女性の髪の毛が薄くなっているのに気が付いたことはありませんか。以前は、かなり年配の女性に多かったのですが、最近は、比較的若い世代でも薄毛に悩む女性は増えています。

 

まだ20代や30代なのにもかかわらず、薄毛になっているという場合、生活習慣の乱れが原因になることも多いのです。本来、出産前後に抜け毛が増えるものの、少し時期が経てば自然に元に戻ります。しかし、もともと薄毛が進行していた場合に、妊娠や出産のホルモンバランスの変化もあって深刻な薄毛に気が付くこともあるでしょう。

 

 

若い女性の薄毛の場合、ストレス、ダイエットや外食などによる栄養不良、運動不足、喫煙、寝不足などがあります。また、シャンプーのし過ぎも薄毛を進行させる原因になります。昭和初期を生き抜いた現在の高齢者の女性は、驚くほど太くてしっかりした毛髪の方も多いです。汚いと思うかもしれませんが、シャンプーをするのは週に1回程度なんていう方も多いようです。

 

 

シャンプーには、石油系界面活性剤など、生涯を通して頭皮にどんな悪影響を及ぼすのかまだはっきり分かっていない成分も多く含まれています。また、女性の髪の毛は、加齢により徐々に細くなったり、抜けやすくなったり、白髪が生えるようになって行きます。

 

 

特に大きな変化を迎えるのは50歳頃で、女性ホルモンが急激に減少することで女性のAGAの症状が出る方もいます。

関連ページ

髪は女の命
大切な髪の毛を守る治療や対策などをお伝えします。
バランスの良い食事はとても大切です
大切な髪の毛を守る治療や対策などをお伝えします。栄養バランスが良い食事はとっても大切です。
出産後の抜け毛や薄毛
大切な髪の毛を守る治療や対策などをお伝えします。出産後の薄毛、抜毛について。
治療は経験豊富な専門クリニックがおすすめ
薄毛治療や対策などをお伝えします。